いま、後払いはこんなに広まっている

いま、後払いはこんなに広まっている

後払いというのが今流行っています。ネットショッピングやアパレル業界でも後払いシステムを導入するところが増えてきています。どんな後払いシステムが使われているのか、ちょっと見てみましょう。

Smartツケ払い公式HP

ZOZOTOWNの例

ツケ払いのパイオニアといえばこのZOZOTOWNではないでしょうか。ZOZOTOWNのツケ払いは、GMOペイメントサービスがZOZOTOWN用に提供している後払いサービス。同様の「GMO後払い」に関しては、鎌倉シャツやメガネスーパー、ゼクシィONLINE STOREなどでも導入されています。

このツケ払いは支払期限が最大2か月後、最大5万円までの利用が可能です。ちなみに手数料330円(税込)がかかります。

このZOZOのツケ払いに関しては、払えなくなる若者が急増!などと数年前にニュースにもなりました。それはその若者たちの問題であってツケ払いというシステム自体の悪ではないと個人的には思いますが…

また一見、ZOZOでの限度額が50000円に見えますが、実際にはこの金額はZOZOTOWN以外の他のサイトも含めたGMO後払いサービス全体の合計に対する上限額です。また、サービス提供に必要な個人情報はGMOペイメントサービスに提供されます。支払いが遅れるとZOZOからではなくGMOから督促が来るわけですね。

メルペイスマート払い

フリマアプリのメルカリには、メルペイスマート払い(旧メルペイあと払い)というシステムがあります。これは今月の購入代金を、翌月にまとめて支払い(清算)できるサービスです。翌月1日にご利用明細が通知され、1日から末日までの好きなタイミングで清算することになります。

メルペイに関してはスマホ決済のため、メルカリ以外でもコンビニなどで使えるのがうれしいところです。限度額の設定などもできます。本人確認などが必要になってきますが、使い方によっては便利なシステムといえます。

Paidy翌月払い

アパレルブランドのECサイトなど、オンラインショップで最近よく目にするのがPaidy翌月払いです。

事前登録やクレジットカードは必要なく、携帯電話番号とメールアドレスのみで決済できます。

その月に使った分を翌月にまとめて一括払いできるサービスです。支払いはコンビニや口座振替で行うことができます。

このPaidyに関しては身に覚えがない請求が来たなど悪用された例もあるようです。セキュリティに関して若干の不安はあるものの、利便性は高いようです。

このように、世の中では後払いという文化が確実に根付いてきています。Smart(スマート)ツケ払いというサービスが生まれたのも、時代による必然といえるのかもしれませんね。

Smartツケ払い公式HP TOPページを見る