給料ファクタリングよりSmartツケ払いをおすすめする理由

給料ファクタリングよりSmartツケ払いをおすすめする理由

Smart(スマート)ツケ払いが登場を受けて、給料ファクタリングからSmart(スマート)ツケ払いに乗り換える人が多くなっているようです。給料ファクタリングと比べたSmart(スマート)ツケ払いのメリットとは何でしょうか?

Smartツケ払い公式HP

審査の際、在籍確認が無い

これもメインページでチラッと触れましたが、Smart(スマート)ツケ払いでは審査の際に在籍確認をされることが無いんです。給料ファクタリングは、ほぼ全て在籍確認があると思ってもらって結構です。つまり職場に電話が行く。

考慮してくれる会社は保険会社などを装ったりしてくれるようですが、いずれにしろそういった電話が勤め先に来るというのを好ましいと思う人はいないですよね。

ましてやそれが給料ファクタリングだとバレてしまったら、場合によっては職場で働き続けるのが困難になる場合すらあるかもしれません。

Smart(スマート)ツケ払いにはそれが無いため、給料ファクタリングではなくSmart(スマート)ツケ払いを選ぶ人にとって大きな理由になっていると思います。

違法性、安全性の問題

すぐに現金が手に入るということで一世を風靡した給料ファクタリングですが、最近では違法性に話題が集まり、廃業するファクタリング会社も増えています。

給料ファクタリングの場合、債権の譲渡自体に違法性はありませんが、悪質業者が多いのと、「実際は闇金と同じなのでは?」という声が高まり、業界全体がグレーなサービスというイメージでとらえられてしまっています。

また金融庁の見解では、「違法と言い切れる法律は制定されていないが、給料ファクタリングという仕組みは認められず、貸金業に該当すると考えられる」となっています。

このように、「貸金業法に抵触する可能性がある」ため、今後事業者に指導が入る可能性が高まりました。その結果、給料ファクタリングから手を引く業者も増えたものと考えられます。

現時点で、ファクタリング会社の多くは貸金業者としての正式な登録を受けておらず、過度な取立てを行っているところが多いというのはひとつの事実のようです。

また、ファクタリング自体が明確な法律違反でなくとも、ファクタリング契約に見せかけて実質的な貸金業を営んでいる悪徳業者などもいるようですね。

ひどい場合だと、入金される前に連絡が取れなくなってしまったなどということもあるようです。

Smart(スマート)ツケ払いについてこのブログを深く読んでくださった方はお分かりだと思いますが、上記のような違法性・危険性がある給料ファクタリングに手を出すより、違法性のないSmart(スマート)ツケ払いを利用した方がいいことは言うまでもありませんね。

Smartツケ払い公式HP TOPページを見る